Double Barrel Rock N Roll Show

Great Rock N Roll Resource Center for All of You

カテゴリ: The Golden Age of Rock and Roll

今回は、エルヴィスを見いだしたサムフィリップスの「思惑」について。
1-6「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

1935年ミシシッピー州のテュペロという小さな田舎町で生まれたエルヴィス プレスリーElvis Presleyは、その後引っ越したテネシー州メンフィスでシンガーになることを目指しながらトラックドライヴァーをしていた1953年に、地元のマイナーレーベル「サン」で自主制作のレコードを作った。それをきっかけにレーベルの白人オーナー、サムフィリップスに見出されてシンガーへの足がかりをつかんだ。

メンフィスにはビールストリートという黒人のジャズやブルースのクラブが軒を連ねている非常に音楽的な歓楽街があり、少年時代のエルヴィスは黒人のようなヘアスタイルやファッションで身を固めこの一角に入り浸っていたという。「サン」はレコーディングスタジオも兼ねており、非常に音楽が盛んなメンフィスという地域でのスタジオということもあり、B.BキングB.B King(B.BキングのB.Bとは「ビールストリートブルースボーイ」の略である)やハウリンウルフHowlin' Wolf等有名無名の様々な黒人アーティストが出入りしており、サムフィリップスはそれらアーティストとの接触の経験から当時のR&Bシーンのホットさを肌で感じていた。

彼もまたアランフリードやビルヘイリーのように白人社会では忌み嫌われているはずのR&Bに可能性を感じ、それが徐々に白人の若者に浸透しているのに気付いていた白人の一人だった。そのころの彼の口癖は、「ニグロの感覚で歌える白人の若者がいれば俺は億万長者になれるんだが」というものだったという。R&Bは絶対に全米の若者の支持を得ることができる、でも未だ保守的で差別意識の強い全米でそれを大きな規模で電波にのせたりするためには白人という「表層」が必要だ、というのが彼の言葉の意味するところだった。

2-2「エルヴィス登場~Brown Eyed Handsome Man」に続く

Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。

ロックンロールキング、エルヴィスが登場しようとする正にその瞬間のお話。
1-5「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

そのような中、徐々に全国区で白人社会にじわじわと浸透し始めたリズムアンドブルース~ロックアンドロールは、人々に「反抗の音楽、罪深い音楽」との認識を植え付け、アンチヒーロー映画やホラーコミックス等と共に「50年代アメリカのB級文化」的な物の一つとして存在していた。実際に「暴力教室」の上映中にティーンエイジャーによって暴力沙汰が起きるような事があると世論は一斉にロックアンドロールを槍玉にあげた。

「ロックアラウンドザクロック」が全米チャートのナンバーワンになったのは、ビルヘイリーが白人のカントリー畑のミュージシャンであり、それ故音源が映画に使われ、音楽業界やショウビジネスの世界に行き渡り、ラジオ等でもかかり人々に広く浸透したからであった。とはいえ彼はすでに30歳を超えたベテランで、所帯まで持っており、「シェイクラトル&ロール」をカバーする際原曲の詞の性的な表現を「人々の気分を害したくない」という理由で削除するような分別のある大人であった。ティーンエイジャー達にしてみればとても自分達の世代の代弁者となるに足る存在ではなかった。ティーン達が待ち望んでいたのはジェームスディーンのように反抗的で、ロックアンドロールのスピードやスリルを体現できるような自分達と同世代のヒーローだった。そんな時代の要請に応えるかのように登場したのがエルヴィス プレスリーElvis Presleyだった。

ビルヘイリーの映像。めいっぱい若作りしていますがティーンのアイドルになるにはちょっとキビしい感じです。この時点で彼は30歳なのですが、今の感覚だと40過ぎのオッサンに見えます。ベテラン感が満載で、その分演奏は安定しています。ただ、小中学生でもどんどんデビューする今と違って「エンターティナーは基本的には成人」が当たり前の時代でもあったので特に違和感はなかったと思われます。
メディア自体、ラジオが中心で特に音楽界では「視覚面」を重視する事はそこまで重要でもない時代だったのでしょう。



2-1「エルヴィス登場~Brown Eyed Handsome Man」に続く

Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。


今回は、白人最初のロックンロールヒットを出した、ビルヘイリー&ヒズコメッツについて。
1-4「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

また、白人ミュージシャン達の中にも黒人向けリズムアンドブルースが白人ティーンエイジャーにも好評を得始めた状況を察知して、自分達の演奏にリズムアンドブルースの要素を取り入れ始める者が出てきた。こうした現象は白人向けの音楽でもカントリーやウェスタン、ヒルビリー等世間ではポップスなどに比べ品がない、とされていたジャンルから発生した。そしてジミーロジャースやムーンマリカンといったカントリーやウェスタンスウィング、ヒルビリー等白人畑の音楽シーンでリズムアンドブルース的なことを意識していた連中の中でもビルヘイリー&ヒズコメッツが白人では最初にロックンロールのヒットを出したバンドとなった。

元々サドルメンというウェスタンスウィングのバンドを率いていたビルヘイリーは、ミュージシャンの傍らDJをやっているときに、白人ティーンエイジャーから黒人リズムアンドブルースのリクエストがあった事をきっかけに、自らのバンド名をカントリー的な「サドルメン」からリズムアンドブルース的な「コメッツ」に改名し、リズムアンドブルースのバンドを参考に楽器の編成を変え、サウンドもリズムアンドブルース的なバックビート(1小節を4つのアクセントに分けた時に2番目と4番目のアクセント)を強調するようなものに変化させた。そしてジョーターナーJoe turnerの「シェイクラトルアンドロール Shake rattle and roll 」やジャッキーブレンストンのロケット88 Rocket88 等リズムアンドブルースのカバーを取り入れつつ、いくつかのヒットを出した後、1955年「ロック アラウンド ザ クロック/Rock Around The Clock 」で全米ナンバーワンを獲得する。

この曲は映画「暴力教室 Blackboard Jungle」に使用された事が全米ナンバーワンになった大きな要因だった。この映画は55年当時の反抗するティーンエイジャーによって荒れる学校を舞台にしたものだったが、この時期、画一化されたアメリカが形成されていく片隅でビート族やティーン等一部の、既存の社会に対する反発の空気が少しずつ表面化しつつあった。映画の世界ではレザーを身にまとったバイカー集団が静かな町を荒らすマーロンブランド主演の「乱暴者(あばれもの)/Wild One」(1954年)や反抗的だが孤独が付きまとう青年をジェームスディーンが演じた「理由なき反抗/Rebel Without A Cause」等「アンチヒーロー」を扱った映画が公開されティーンたちの好評を得ていた。

そして1955年、ジェームスディーンがまるで自らの主演映画の主人公さながらに生き急ぐかのように愛車のポルシェスパイダー550で交通事故死すると、彼はティーンエイジャーの間で伝説のヒーローとなった。又低予算で作られるモンスターや宇宙人が人々を襲うホラー映画や、どぎつい色彩やタッチで描かれたモンスターが残虐に人を襲う内容のコミックスが流行る等、リズムアンドブルースやロックンロールに限らず「過激な表現」がテクノロジーの発達とともに加速をつけて表れ始めたのだった。

  

「暴力教室」の当時の宣伝。原題の「blackboard jungle」をカッコいいと思う人は結構いるようで、今じゃ殆ど知る人はいませんが、93年頃LAのローカルハードロックシーンで結構人気を集めた同名バンドがいました。ともかくR&Rなイメージのフレーズです。
 

理由なき反抗の宣伝。皆が憧れるこの映画のディーンの服装ですが、着ているのはよく言われるマクレガーのスウィングトップ、ではなく同じマクレガー社の別製品だとか。いずれにせよジェームスディーンの佇まい、ファッション、ストーリーが上手く相互作用してこの映画を名画たらしめているのでしょう。


さっきの暴力教室もそうですが、この辺の映画というのはロックンロール的なセンスを刺激するらしく、KISSのジーンシモンズのバックアップで1987年に鳴り物入りでRCAからデビューしたものの見事にコケたポップハードグラムバンドのSilent rageが、この映画の原題である「Rebel without a cause」をもじった「Rebel with a cause」という曲を出しています。ビデオまであるという事はアルバムの中でもプッシュしたい曲だったのでしょう。


そしてマーロンブランドの「乱暴者」原題はThe Wild one。2つのバイカーギャングが対立する話ですが、各々ギャング団の名前がBlack rebel motorcycle clubとBeetles。前者は90年代以降活躍しているバンドに使用され、後者は・・・言うまでもありませんね。


1-6「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」に続く

Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。
 

今回は、黒人向けのリズムアンドブルースがロックンロールへと細胞分裂しはじめる正にその瞬間のお話。
1-3「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

こうして白人のティーンエイジャー達の間でリズムアンドブルースに対する需要が高まってきた状況の中、オハイオ州クリーブランドの白人DJアランフリードが、レコード店で黒人のリズムアンドブルースを熱心に聞く白人のティーンエイジャーの姿を目撃する。リズムアンドブルースに可能性を感じた彼は、1951年に「ムーンドックスロックンロールハウスパーティー」というラジオ番組を始めた。彼は漂白されたサウンドの白人によるリズムアンドブルースのカバーレコードではなく、黒人によるオリジナルで本物のリズムアンドブルースを「ロックアンドロール」と紹介し、この頃から新しい音楽としてのリズムアンドブルース、ロックンロールの基盤が出来始めた。

元来「ロックアンドロール」というのは黒人の間では「セックス」や「バカ騒ぎ」を意味するスラングで、1940年代後半から50年代にかけてすでに多くのリズムアンドブルースのタイトルや歌詞に使われ始めた言葉だった。一説では古いブルースの曲の中の「My baby rocks me with a steady roll」という歌詞をヒントに作られた言葉と言われているが、それはともかく、この時期ロイブラウン Roy BrownワイノニーハリスWynonie Harris の「グッドロッキントゥナイト/Good rockin' tonight 」(1948年)ジョーターナーJoe Turner「シェイク ラトル アンド ロール Shake, Rattle and Roll 」(1954年)、クラレンス“ゲイトマウス”ブラウンClarence "Gatemouth" Brown「ロック マイ ブルーズ アウェイ Rock My Blues Away 」(1955年)ゴリーカーターGoree Carter「ロック アワイルRock Awhile 」(1949年、イントロのギターフレーズがチャックベリー的)等多くの曲に「ロック」や「ロール」、それに類する「シェイク」や「ロッキン」「ジャンプ」「ジャイヴ」などといった単語が並べられていた。

その他にもジャッキーブレンストン&ヒズデルタキャッツJackie Brenston & His Delta Catsの「ロケット88 Rocket 88 」(1951年リズムアンドブルースチャート1位、この曲をロックンロールの第一号とする説もある)やビリー "ザキッド" エマースンBilly "The Kid" Emersonの「レッドホット Red hot 」タイニーブラッドショウTiny Bradshow「トレイン ケプト ア ローリン Train Kept A Rollin' 」(1952年、後にジョニーバーネットやヤードバーズ、エアロスミス、モーターヘッド等がカバー、ライヴアンコール等でロックの定番曲)ルイプリマLouis Prima「ジャンプ ジャイヴ アンド ウェイル Jump, Jive, An' Wail 」(1956年)、黒人Doo wopコーラスグループのドミノスDominos「シックスティ ミニッツ マン Sixty minute man 」等この時期にリズムアンドブルースの世界ではリズムがハッキリとした激しく踊れるサウンドが人気だった。

こうして、黒人達にしてみれば単に「踊りやすく激しいビートのリズムアンドブルース」を「ロックアンドロール」と名付け白人ティーンに向けて発信し始めたアランフリードは、DJ稼業の他にもロックンロールのアーティストを集めてライヴを企画したりと黒人のためのものだったリズムアンドブルースを白人、とりわけティーンエイジャーの間に浸透させる要因に一役買う存在となった。

参考動画 

ロイ ブラウンのグッドロッキントゥナイト。後にエルヴィスのカバーバージョンで有名になる曲。個人的にはエルヴィスのを先に知っていたのだが、コレを聴いた瞬間何故サン時代のエルヴィスが後年とは少し印象の異なる甲高い感じで歌っていたのか謎が解けました。この人の真似をしてたんでしょうね。憧れのブラックブルースシャウターに追いつこうと「なり切る」19歳のエルヴィスを想像すると微笑ましいです。

 

ゴリーカーター ロックアホワイル。一部ではチャックベリーの元ネタとして、又レイボーンの登場で俄然注目を浴びたテキサス系ブルースギタリストの元祖として知られるTボーンウォーカー直系のギタリスト。チャックベリーの例のイントロはこの曲もさることながらTボーンの曲やその他この頃のギター系ブルースの多くの曲であんな感じのフレーズが使われまくっていたようなので、もはや誰が誰をパクったかわからないような状態、というのが結論ぽい。



ジャッキーブレンストン ロケット88
タイトルの「ロケット88」は、当時そこまでお金を持ってないような若者でも頑張れば買えて、しかもボロい中古やオッサン向け車ではない、オールズモービル社の車の事。50年代のアメリカではストリートレベルの黒人でも車を買う事が出来るぐらい豊かでポジティブな空気があった、と言う事なのでしょう。思いっきり酔っ払い運転を連想させるような歌詞を含んでおり、酒の事を歌うだけでもイケナイ時代なのに、「黒人が飲酒運転やらスピード違反をする内容の曲」と言う事で、とんでもなくインモラルな曲だった事が伺えます。


ドミノス シックスティミニッツマン

ロックンロールやリズムアンドブルースを語る上で忘れてならないのがドゥーワップの存在。音楽をやりたい若者がとりあえず集まって身一つで何かやる・・・ならばコーラスが一番・・・・と言う事で元祖ストリートミュージック≒ガレージミュージック≒ロックンロール、というわけです。さっきのロケット88は酔っ払い運転で良識派にケンカ売ってましたが、こちらは絶大なテクで幸せな家庭を崩壊に導く間男の歌。イケメンぞろいのアイドルちっくな少年~青年が「騙されたと思ってオイラを試してみなって、あんたきっと大声上げちゃうヨ、15分ずつ4段階で天国行きサ」みたいな事を歌うトンデモソング。直接的に卑猥な単語はいっていませんが、仮に同じ内容の歌が今かかっても「え、まじ?」と思う事でしょう。そういう事を認識した上でもう一度聞くとボーカルやギターのフレーズが悪魔的にねちっこくイヤらしく聞こえてきます。ちなみに3年後の54年には、ご丁寧に「もう年喰った上にやり過ぎて種無しみたいになっちゃったから例の"60ミニッツ”はもう無理ぽ、そういうやらしいんじゃなくてただのお友達になってね」みたいなまるで別人のようなCan't do sixty no moreなる曲も出してます。

音楽的なことを言うと、明確に2,4拍にアクセントを置いているので、ロケット88よりこれが最初のロックンロール、という話もあるらしいです。更にピアノイントロが何気なくカウントの3拍裏から入りギターも1拍裏拍から入る辺りがさすが黒人です。バンドで演奏するとなると出だしに非常に気を使うパターンです。


もうダメぽ、の方


1-5 「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」に続く

Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。

今回は、ビート族の登場とリズムアンドブルースの白人ティーンエイジャーへの浸透について。
1-2「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

しかし中にはこのような社会に対して背を向けた者達もいた。彼らは「ビート族」と呼ばれ、その中からアレンギンズバークやジャックケルアック等ビート作家が登場した。彼らは「豊かで安定した物質主義の生活」という共同幻想に疑問を抱き、そういった連中により構成された一般社会に根深く存在する品性のなさや、偽善、グロテスクさを認識し、そういったものからは距離を置くスタンスをとっていた。

ビート族は表立って社会に反旗を翻すような事はせず、社会からドロップアウトする事によって社会に無関係でいようと努め、黒人のスラングを使い、性のタブーを犯し、マリファナを吸い、東洋哲学や宗教に入れ込み、レースミュージックを聞き、間抜けで無価値な俗世間から忌み嫌われている事にことごとく挑戦する事によって社会に反抗し、自らの意思表示をしていた。こうした動きは、カウンターカルチャーとして画一的な社会に疑問を抱く一部人間に支持されていた。

そんなビート族が切り捨てた「多数派の」アメリカ中産階級の白人達の息子や娘達の世代の10代のティーンエイジャーの若者達の中には、ビート族と同じく、既成の社会や価値観を自分たちに押し付けようとする両親や社会に反抗心を募らせる者が出てきた。彼らの兄や姉の世代の若者達は両親の言うことを良く聞き、大学に入って、学生時代は男子学生が女子寮に忍び込んで下着を持ってくる「パンティレイド」のような、社会が「よくある青春の1ページ」として許容する類のゲーム等に興じ、就職の時期がやってくればあっさりと就職をし、「豊かな社会」の一部となり社会を動かす歯車の一部となっていった。

ティーンエイジャー達の中には、そんな兄や姉達の姿を見て漠然とながら疑問を抱き、大人達が受け入れているような「ファミリー向け」ではなく、「自分達のための音楽」を求める者が出てきた。そんな彼等が見付けたのが黒人向けのリズムアンドブルースだった。

彼等の多くは両親が中産階級に属し、生活自体は豊かだったので、テクノロジーの恩恵を受け、自分専用の小型の「トランジスタラジオ」を持っている場合も多く、それを黒人向けのレースミュージックのチャンネルにあわせればリズムアンドブルースを聴くことが出来た。そして彼等は黒人のリズムアンドブルースが持つスピード感やグルーヴに夢中になり、親に隠れてラジオを聴きレコードを買いに走った。こうした背景の中、黒人のリズムアンドブルースをカバーした白人のレコードがヒットしたりもした。黒人グループ、コーズChordsの「シュブーン/Sh-boom」が白人コーラスグループのクルーカッツによってカバーされ大ヒットするなど、少しずつ間接的な形でリズムアンドブルースが表舞台に出つつあった。

参考 ChordsのSh-Boom こちらが本家オリジナル。この映像でもわかる通り、映画「Cars」でも効果的に使われていました。



クルーカッツのSh boom 比較するといかにも白人的で「漂白された」という表現がピッタリのサウンドですが、白人社会にも黒人リズムアンドブルースのサウンドが徐々に入り込みつつあったのがわかります。


Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。



↑このページのトップヘ