Double Barrel Rock N Roll Show

Great Rock N Roll Resource Center for All of You

タグ:ロックンロール

今回は、黒人向けのリズムアンドブルースがロックンロールへと細胞分裂しはじめる正にその瞬間のお話。
1-3「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

こうして白人のティーンエイジャー達の間でリズムアンドブルースに対する需要が高まってきた状況の中、オハイオ州クリーブランドの白人DJアランフリードが、レコード店で黒人のリズムアンドブルースを熱心に聞く白人のティーンエイジャーの姿を目撃する。リズムアンドブルースに可能性を感じた彼は、1951年に「ムーンドックスロックンロールハウスパーティー」というラジオ番組を始めた。彼は漂白されたサウンドの白人によるリズムアンドブルースのカバーレコードではなく、黒人によるオリジナルで本物のリズムアンドブルースを「ロックアンドロール」と紹介し、この頃から新しい音楽としてのリズムアンドブルース、ロックンロールの基盤が出来始めた。

元来「ロックアンドロール」というのは黒人の間では「セックス」や「バカ騒ぎ」を意味するスラングで、1940年代後半から50年代にかけてすでに多くのリズムアンドブルースのタイトルや歌詞に使われ始めた言葉だった。一説では古いブルースの曲の中の「My baby rocks me with a steady roll」という歌詞をヒントに作られた言葉と言われているが、それはともかく、この時期ロイブラウン Roy BrownワイノニーハリスWynonie Harris の「グッドロッキントゥナイト/Good rockin' tonight 」(1948年)ジョーターナーJoe Turner「シェイク ラトル アンド ロール Shake, Rattle and Roll 」(1954年)、クラレンス“ゲイトマウス”ブラウンClarence "Gatemouth" Brown「ロック マイ ブルーズ アウェイ Rock My Blues Away 」(1955年)ゴリーカーターGoree Carter「ロック アワイルRock Awhile 」(1949年、イントロのギターフレーズがチャックベリー的)等多くの曲に「ロック」や「ロール」、それに類する「シェイク」や「ロッキン」「ジャンプ」「ジャイヴ」などといった単語が並べられていた。

その他にもジャッキーブレンストン&ヒズデルタキャッツJackie Brenston & His Delta Catsの「ロケット88 Rocket 88 」(1951年リズムアンドブルースチャート1位、この曲をロックンロールの第一号とする説もある)やビリー "ザキッド" エマースンBilly "The Kid" Emersonの「レッドホット Red hot 」タイニーブラッドショウTiny Bradshow「トレイン ケプト ア ローリン Train Kept A Rollin' 」(1952年、後にジョニーバーネットやヤードバーズ、エアロスミス、モーターヘッド等がカバー、ライヴアンコール等でロックの定番曲)ルイプリマLouis Prima「ジャンプ ジャイヴ アンド ウェイル Jump, Jive, An' Wail 」(1956年)、黒人Doo wopコーラスグループのドミノスDominos「シックスティ ミニッツ マン Sixty minute man 」等この時期にリズムアンドブルースの世界ではリズムがハッキリとした激しく踊れるサウンドが人気だった。

こうして、黒人達にしてみれば単に「踊りやすく激しいビートのリズムアンドブルース」を「ロックアンドロール」と名付け白人ティーンに向けて発信し始めたアランフリードは、DJ稼業の他にもロックンロールのアーティストを集めてライヴを企画したりと黒人のためのものだったリズムアンドブルースを白人、とりわけティーンエイジャーの間に浸透させる要因に一役買う存在となった。

参考動画 

ロイ ブラウンのグッドロッキントゥナイト。後にエルヴィスのカバーバージョンで有名になる曲。個人的にはエルヴィスのを先に知っていたのだが、コレを聴いた瞬間何故サン時代のエルヴィスが後年とは少し印象の異なる甲高い感じで歌っていたのか謎が解けました。この人の真似をしてたんでしょうね。憧れのブラックブルースシャウターに追いつこうと「なり切る」19歳のエルヴィスを想像すると微笑ましいです。

 

ゴリーカーター ロックアホワイル。一部ではチャックベリーの元ネタとして、又レイボーンの登場で俄然注目を浴びたテキサス系ブルースギタリストの元祖として知られるTボーンウォーカー直系のギタリスト。チャックベリーの例のイントロはこの曲もさることながらTボーンの曲やその他この頃のギター系ブルースの多くの曲であんな感じのフレーズが使われまくっていたようなので、もはや誰が誰をパクったかわからないような状態、というのが結論ぽい。



ジャッキーブレンストン ロケット88
タイトルの「ロケット88」は、当時そこまでお金を持ってないような若者でも頑張れば買えて、しかもボロい中古やオッサン向け車ではない、オールズモービル社の車の事。50年代のアメリカではストリートレベルの黒人でも車を買う事が出来るぐらい豊かでポジティブな空気があった、と言う事なのでしょう。思いっきり酔っ払い運転を連想させるような歌詞を含んでおり、酒の事を歌うだけでもイケナイ時代なのに、「黒人が飲酒運転やらスピード違反をする内容の曲」と言う事で、とんでもなくインモラルな曲だった事が伺えます。


ドミノス シックスティミニッツマン

ロックンロールやリズムアンドブルースを語る上で忘れてならないのがドゥーワップの存在。音楽をやりたい若者がとりあえず集まって身一つで何かやる・・・ならばコーラスが一番・・・・と言う事で元祖ストリートミュージック≒ガレージミュージック≒ロックンロール、というわけです。さっきのロケット88は酔っ払い運転で良識派にケンカ売ってましたが、こちらは絶大なテクで幸せな家庭を崩壊に導く間男の歌。イケメンぞろいのアイドルちっくな少年~青年が「騙されたと思ってオイラを試してみなって、あんたきっと大声上げちゃうヨ、15分ずつ4段階で天国行きサ」みたいな事を歌うトンデモソング。直接的に卑猥な単語はいっていませんが、仮に同じ内容の歌が今かかっても「え、まじ?」と思う事でしょう。そういう事を認識した上でもう一度聞くとボーカルやギターのフレーズが悪魔的にねちっこくイヤらしく聞こえてきます。ちなみに3年後の54年には、ご丁寧に「もう年喰った上にやり過ぎて種無しみたいになっちゃったから例の"60ミニッツ”はもう無理ぽ、そういうやらしいんじゃなくてただのお友達になってね」みたいなまるで別人のようなCan't do sixty no moreなる曲も出してます。

音楽的なことを言うと、明確に2,4拍にアクセントを置いているので、ロケット88よりこれが最初のロックンロール、という話もあるらしいです。更にピアノイントロが何気なくカウントの3拍裏から入りギターも1拍裏拍から入る辺りがさすが黒人です。バンドで演奏するとなると出だしに非常に気を使うパターンです。


もうダメぽ、の方


1-5 「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」に続く

Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。

今回は、ロックンロール登場前夜のアメリカの時代背景に迫ります。

1-1「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」より続く

ロック、ロックンロールが人々の間で認知されるようになったのは1950年代のアメリカでのこと。当時のアメリカは第2次世界大戦の戦勝国として非常に豊かで、多くの人々が「中産階級」に属し、経済やテクノロジーの発展と共にかつてどんな国もなし得なかったような繁栄を誇っていた。人々は大都市郊外の新興住宅地で「快適な消費生活」を送っていた。

その一方国民は冷戦の状況下、常に核の脅威に怯え、その不安を取り除くため核戦争を想定したフィルムが作られ学校では核戦争等の非常時に備えての訓練が行われたり、人々はやっと手に入れた平和な生活を謳歌しつつも、それがいつ崩れるとも知れない恐怖に苛まれ続ける・・・という矛盾に満ちた生活を送っていた(この辺は一連のマイケルムーア映画に参考になりそうなことが描かれている)。 不安だから「守り」に入り、自分達とは異質に見えるもの、共通の敵を作り出し攻撃する・・・というようなシステムにより非常に保守的な空気が流れ、黒人に対する人種差別は依然として、特に南部で激しかった。白人と黒人では行く学校が分かれていたり、バスの座席も「黒人用」「白人用」に分かれ、トイレに至っては、「白人男性」「白人女性」「黒人」というような区別があり、あらゆる部分で合法的に差別が行われていた。

そうしたあり方は、音楽業界も同様だった。 50年代のアメリカでの放送フォーマットの分け方は「白人向けのポップス」、「白人向けのカントリーやウェスタン」、そして黒人向けの「レイスミュージック」となっていた。レイスというのは「人種」という意味で非常に蔑視に満ちた呼称であった。黒人によるジャズもブルーズもリズムアンドブルースも「レイスミュージック」の一言で片付けられていた。そしてこのレイスミュージック、とりわけブルースやリズムアンドブルースは白人の社会では「教育上良くない、罪深く聞いてはいけない音楽」とされていた。故に白人に有利なようにシステム化された全米のラジオやナショナルチャートにこれらのブルースやリズムアンドブルースが登場する事はなかった。また当時は少しでも「暴力、セックス、政治問題、飲酒、ドラッグ」等を連想させるような言葉や行為は放送の世界ではご法度であり、セックスや、飲酒にやドラッグに関する内容をストレートに歌詞に含む事が多いリズムアンドブルースや政治問題等を扱う歌詞が多いフォークソングはTVやラジオでは敬遠されていた。

多数派で豊かな「中産階級の白人」達はテクノロジーの発達と共に続々と発売される車や冷蔵庫や洗濯機や電話機・・・等と共に手に入れたラジオで無害な「白人向けのポップス」を聞き、テレビでは家族全員でやはり無害な番組を見ていた。当時のアメリカの娯楽の主流は分別のある大人達によって検閲された「消毒済みの娯楽」であった。テレビも音楽も物事の暗部から目をそむけ、人々は暗い現実に直面している人や物を切り捨てた。第二次大戦での、未だ癒えぬ、精神的な部分も含めた後遺症や冷戦による核の脅威という恐怖にさらされている人々にとって娯楽は明るく楽しく、無害なものでなくてはならなかった。  国の多数派を占める中産階級の白人達は、核の脅威に怯えつつも都市郊外の住宅で消費生活を謳歌し、無害な娯楽で気を紛らわし、豊かな社会から落ちこぼれる事のないよう、日常生活を送っていた。

以下は1940~50年代のアメリカの生活を当時の映像を使用しまとめた映像。雰囲気が伝わってきます。これを見ると細かい違いはあるものの基本は現代まで同じことが繰り返されているのが良くわかります。第二次大戦後、しばらくはアメリカの一部であり、独立後もアメリカから多大な影響を受けていた我が国も今に至るまで生活の基礎は一緒なのだと言う事が良くわかります。


1-3「ロックンロール誕生前夜~Rockin' All Day」に続く


Double Barrel Rock 'N Roll Show ポッドキャスト毎月2回配信中。

↑このページのトップヘ